気になる投資まとめちゃんねる

株やトレンドニュースに関するまとめサイトです。

海外


中国では都市の不動産融資調整メカニズムが実施され、効果が出始めており、多くの不動産プロジェクトに「恵みの雨」となる資金が調達されている。最新データによると、1月にメカニズムが実施されて以来、商業銀行の内部の審査手順に基づいて審査され、「ホワイトリスト」に認可されたプロジェクトに対する融資額は9350億元(約20兆2900億円)に達し、プロジェクトが計画通り、品質を保ちながら引き渡されるよう促進している。

5月17日に中国全土で不動産引き渡しが確実に実施されるよう促すビデオ会議が開催されて以降、不動産関連の政策が続々と発表され、それに合わせて各地がそれぞれ施策を打ち出し、その効果が現れ始めている。

上海5月27日に発表した通知は、不動産の購入制限政策調整、最適化、住宅ローン関連の政策最適化など、9項目の政策と措置を打ち出している。広州と深セン5月28日、個人の住宅をローンで購入する場合の頭金の割合を引き下げたほか、住宅購入制限政策、住宅ローン関連の政策をさらに最適化するなどの措置を相次いで打ち出した。

重要な政策が次々と予想を上回る形で打ち出されたことで、関連当局や地方政府の不動産市場を回復させるという決意を表しており、市場により積極的なシグナルが放たれているといった声が挙がっている。

関連機関のデータによると、多くの都市の新築住宅の見学数、中古住宅の内見数が回復している。週末となった5月18日と19日、25日と26日、北京の中古住宅の取引件数はいずれも約2000件に達し、市場のアクティブ度が目に見えて回復している。5月18日と19日、深センの大手機構の中古住宅の内見数は前週比で24%増、取引件数は前週比で58%増だった。

不動産企業の融資環境もやや改善している。不動産大手・万科は5月23日、200億元(約4340億円)のシンジケートローンを獲得した。不動産業界が踏み込んだ調整に入って以来、金融機関が不動産企業に提供した1回当たりのシンジケートローンとしては最大の契約額となった。万科は「200億元の融資を受け、流動性がさらに向上する」と期待感を示した。

全体的に見て、20年以上の急速な成長期を経た中国の不動産業界は今、調整期に突入している。調整により、遅れた生産能力が淘汰され、不動産企業の以前の持続不可能な発展スタイルから、「方向性があり、安定し、プロフェッショナル」なスタイルへの移行を促進し、高品質、新テクノロジー、優れたサービスで国民がより良い住宅に住むよう働きかけ、不動産発展の新スタイルが構築されるとみられている。

また、中国の戸籍人口都市化率はまだ50%に達しておらず、出稼ぎ労働者1億8000万人が都市において完全には市民化できておらず、都市で不動産を購入している出稼ぎ労働者の割合も低い。現有の不動産の在庫数を見ると、90平方メートル以下の中・小規模型の不動産が依然として大多数を占めている。そのため、新型都市化の継続的な推進により、住宅をめぐる住民の硬直的需要と、改善性需要が継続的に引き出されることになるとみられている。

関連政策が実施され、効果が出始めるにつれて、不動産市場の需要と供給の構造はさらに好転し、不動産業界は今後、安定して質の高い発展の軌道に乗り、安定したマクロ経済の基盤に強固な下支えが提供されるようになると期待されている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

中国の不動産業界は今、調整期に突入している。写真は義烏市。


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 tabinopro.com)


最近のデータを見ると、中国の不動産市場は回復の兆しを見せています。政府の政策変更や景気回復により、需要が徐々に回復しているようですね。

過去数年間は不動産市場が冷え込んでいましたが、最近は住宅価格が上昇している報告が多くなっています。投資家にとっては良いニュースですね。

中国の不動産市場は大きな影響力を持っており、景気全体に与える影響も大きいです。回復の兆しを感じられる今、市場の動向を注視することが重要です。

<このニュースへのネットの反応>

【中国の不動産市場が活気づきを見せる!専門家が見る回復の兆しとは?】の続きを読む


モーリー・ロバートソン「挑発的ニッポン革命計画」『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、アメリカ社会に蔓延する深刻な治安悪化の実態を解説する。

* * *

最近アメリカでは集団窃盗が社会問題になっていますが、「Kia Challenge(キア・チャレンジ)」という言葉をご存じでしょうか。"自動車を盗んでみた系"とでもいうべき実況中継動画につけられたキーワード(ハッシュタグ)で、きっかけは「Kia Boyz」を名乗る少年グループがSNSに上げた1本のチュートリアル動画でした。

韓国の自動車メーカー、Kia(起亜自動車)やHyundai(現代自動車)の一部車種は、カギがなくてもUSBケーブルとドライバーを使えば(といっても窓とキーシリンダーは破壊しますが)エンジンをかけられる――そんな"バグ"を発見した少年たちが、窃盗行為の一部始終を公開したのです。

すると、全米各地の犯罪が蔓延する地域に住むTikTokerたち(ギャング予備軍も多いようです)が、それを「Kia Challenge」として模倣。盗難車で市街地を爆走したり、警察車を命知らずの速度で振り切ったりする様子なども続々とアップされました。しばらく遊んだ後は50ドル、100ドル程度で転売したり(犯罪の逃走車として使われるようです)、道端に乗り捨てたり、といった具合です。

地球レベルの社会課題の解決を積極的に議論する意識の高いZ世代がいる一方で、まるで遊ぶように、あるいは暇潰しに、軽々と犯罪の一線を超える"キッズ"たちもいる。これがアメリカ社会の現実です。

その根本的要因は構造的な貧困の連鎖ですが、YouTubeやInstagram、TikTokなどのソーシャルメディアが加速装置になっていることも間違いないでしょう。日本で言う"炎上系"のようなノリで、窃盗、暴力、場合によっては殺人までもエンタメとして中継する発信者、それを消費するフォロワーが増え続け、将来への希望や展望がないゆえに失うものもない若者たちが、さらにその渦の中に飛び込んでいくという構図です。

それをあおるのが、ギャングスターカルチャーを飯の種にするメディアやポッドキャスターたちです。ギャング同士やラッパー同士の抗争は即座に可視化され、ビーフが殺し合いにまで発展することも。直近で言うと、超大物ラッパーのケンドリック・ラマーとドレイクが、曲を通じて辛辣に罵り合った後、ドレイクの自宅に銃弾が撃ち込まれ警備員が負傷するという事件も発生しています(今のところビーフとの直接の関連性は判明していませんが)。

もともとヒップホップとギャングカルチャー、暴力は切っても切り離せない関係ではあったものの、露骨で対立的なスタイルが特徴の"drillドリル)"という新しいジャンルが2010年代に台頭し、シーン全体がより過激化しているように思います。

貧困、希望のない家庭環境や教育環境に身を置く若者が、盗みや傷害や薬物密売などの犯罪に手を染める。drillが加速させたギャングカルチャー、そしてソーシャルメディアでは、暴力的な言動が礼賛される風潮がますます広がる。そんな"犯罪の異次元緩和"とでも言うべき現状は、かつてスタンリー・キューブリックがSF映画『時計じかけのオレンジ』で風刺的に描いたウルトラバイオレンスな世界に近づいている――。

そんな気さえしてしまうほどに、日々発信される"中継動画"は生々しく、過激で、それでいて本人たちは悪びれる様子さえないのです。

週刊プレイボーイでコラム「挑発的ニッポン革命計画」を連載中のモーリー・ロバートソン氏


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 officemorley.com)


「犯罪をエンタメとして捉えるという考え方には賛成できない。犯罪は被害者にとっては決してエンタメではなく、深刻な問題だ。社会全体で犯罪を根絶する取り組みが必要だと思う。」

「アメリカでは犯罪がテレビや映画で美化されることが多いと感じる。犯罪者がヒーローとして描かれる作品もあるが、それは決して正しい方向への導きにはならない。

「犯罪をエンタメ化することで、若者たちに誤ったメッセージが伝わってしまう可能性がある。犯罪は決して許されるものではなく、その重さを理解する教育が必要だと思う。」

<このニュースへのネットの反応>

【アメリカの「犯罪の異次元緩和」現象とは?窃盗や暴力がエンタメ化する社会の影響とは】の続きを読む


三峡グループによりますと、世界最大のクリーンエネルギー回廊の今年第1四半期の累計発電量が520億kWhを超え、中国の経済・社会のグリーン発展に強力なエネルギーを提供しました。

今年第1四半期、烏東徳、白鶴灘、渓洛渡、向家ダム、三峡、葛洲ダムの六つの巨大水力発電所で構成される世界最大のクリーンエネルギー回廊は、累計発電量が520億kWhを超えました。これは標準石炭で1500万トン以上の節約に相当し、5400万人の1年間の生活電力需要を満たすことができます。

この6基の巨大水力発電所で構成される世界最大のクリーンエネルギー回廊は、1800キロにわたり、水位の落差は900メートルを超え、すでに操業を始めた水力タービン発電ユニット110台の総設備容量は7169万5000キロワットに達しています。また、6基のカスケード式貯水池は連携して、洪水防止、水上輸送、水資源利用、生態、クリーンエネルギーなどの総合的な効果を十分に発揮しています。(提供/CRI)

世界最大のクリーンエネルギー回廊の今年第1四半期の累計発電量が520億kWhを超え、中国の経済・社会のグリーン発展に強力なエネルギーを提供しました。写真は烏東徳水力発電所。


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 gooddo.jp)


中国のクリーンエネルギーの取り組みは本当に素晴らしいですね。環境にやさしく、持続可能なエネルギー源を活用することで、地球全体の未来に貢献できると思います。

世界最大のクリーンエネルギー回廊というだけあって、中国は本当にエネルギーの未来に向けて積極的な取り組みをしていますね。他の国も見習うべきだと感じます。

520億kWhの発電量は本当に驚異的ですね。これからますますクリーンエネルギーの重要性が高まる中、中国がリードしている姿勢には感心します。

<このニュースへのネットの反応>

【中国の世界最大のクリーンエネルギー回廊が第1四半期に記録破りの520億kWhを発電】の続きを読む

このページのトップヘ