気になる投資まとめちゃんねる

株やトレンドニュースに関するまとめサイトです。

社会


コメント
「FIRE」が幸せかどうかは人それぞれだと思います。3000万円の資産で節約生活を送ることが楽しい人もいれば、そうでない人もいるでしょう。自分に合った生活スタイルを見つけることが大切ですね。

カンニング竹山やひろゆきのコメントにもあるように、「FIRE」生活が本当に幸せなのか疑問が残りますね。節約や我慢ばかりの生活だけではなく、自分の好きなことや楽しみも大切にしていくことが大事だと思います。

3000万円の資産を持ちながらも、自分が本当に幸せだと感じる生活を送れるかどうかが重要です。お金だけが全てではなく、家族や友人との時間や趣味を楽しむことも幸せの源泉になるはずです。

【「FIRE」に成功して3000万円でリタイア生活、本当に幸せなのか?】の続きを読む


 スーパーマーケットチェーン「マミーマート」を運営するマミーマート(さいたま市)は、奨学金を借りている社員に対して返済を支援する「奨学金支援制度 (本人返還)」を4月に導入したと発表した。

【画像】安心して働ける環境を目指すマミーマート

 制度の対象は、新入社員として入社して貸与奨学金を受けている正社員。入社から5年間にわたり支援する。

 同社は制度の目的について「経済的・心理的な負担を軽減し、安心して働ける環境整備」することを挙げる。若手社員の育成や成長の促進、優秀な人材の採用にもつなげていきたい考えだという。

 同社は1965年に創業し、「地域密着」「顧客本位」「スーパーマーケットの原点追及」をコンセプトに、1月時点で76店舗を運営している。

マミーマートが「奨学金支援制度 (本人返還)」を導入(出所:同社公式Webサイト)


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 matsudo-tsushin.com)


コメント
マミーマートの奨学金支援制度、社員のキャリアアップを本気で考えている企業だなと感じます。安心して働ける環境が整備されていることも嬉しいですね。

優秀な人材を獲得するためには、教育支援が欠かせません。マミーマートの取り組みは、将来を見据えた投資とも言えるのではないでしょうか。素晴らしい取り組みだと思います。

奨学金支援制度は、社員のモチベーション向上にもつながりますね。マミーマートは社員一人ひとりの成長を大切にしている企業だと感じます。これからも注目していきたいです。

<このニュースへのネットの反応>

【マミーマートが正社員向け奨学金支援制度を導入!働きながら学び、キャリアアップを目指せる環境整備】の続きを読む


2024年の北京モーターショーで、BYD(比亜迪)は仰望(ヤンワン)ブランドの新しい豪華なスポーツカー「U7」を発表した。

同時に、「U7」に初めて使用される電動サスペンション技術「DiSus-Z(雲輦-Z)」が業界関係者の注目を集めた。


「DiSus」とはDiSusインテリジェント車両制御システムのこと。BYDが以前発表した「易四方技術プラットフォーム」はXY軸の平面課題を解決し、「DiSus−Z」は車体運動を3次元空間の座標軸と見なし、Z軸の立体課題の解決に力を入れている。

この技術の革命性はその徹底的な電動化の理念にあり、高度に集積化されたサスペンションモーターを採用し、Z方向の調整速度と精度の革命的な突破を実現した。

「DiSus-Z」の調節速度は非常に速い。調節応答速度は10ミリ秒で、あっという間に50回近くの調節を完了できる。この速度は従来のアクティブサスペンションの数十倍で、よりスムーズで安定した走行体験をユーザーにもたらすことができる。

「DiSus-Z」はでこぼこの路面にも突発的な揺れにも迅速に反応し、まるで車体が地面の上に浮遊しているように常に安定した状態に保つことができる。

シャーシは揺れているがコップの水はあまり揺れていない

「DiSus-Z」はサスペンションを介してバッテリーを充電することもできる。


「DiSus-Z」はエネルギー回収機能も大きなポイントだ。サスペンションモーターが動力輸出するため、油液の媒体を除去し、システムのエネルギー伝達損失は小さくなる。

また、サスペンションモーターは直接発電し、エネルギー回収を実現し、バッテリーを充電することもできる。この機能はエネルギー利用効率を高めるだけでなく、車両の航続距離を延長し、より便利でエコな外出体験をユーザーにもたらす。

「DiSus-Z」は創始的な新技術として、BYDの絶えず強化している技術力も示している。BYDの技術開発への投資額は23年だけでも前年比97.4%増の399億2000万元(約8383億2000万円)に達した。このような技術革新も技術投資のリターンと言えるだろう。(編集/CL)

2024年の北京モーターショーで、BYDは仰望ブランドの新しい豪華なスポーツカー「U7」を発表した。


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 response.jp)


コメント
「BYDの新しいサスペンション技術「DiSus-Z」は、車両の乗り心地を改善するための画期的な取り組みです。これにより、長時間のドライブでも快適さを保つことができるでしょう。」

「DiSus-Zの進化したダンピングシステムは、悪路や急なブレーキング時でも車両の安定性を維持し、運転者と乗客の安全性を高めます。BYDの技術革新には感心させられます。」

「BYDのサスペンション技術「DiSus-Z」は、環境に配慮した乗り心地を提供することに成功しています。省エネ性能と快適性を両立させたこの技術は、今後の自動車産業に大きな影響を与えることが期待されます。」

<このニュースへのネットの反応>

【「2024北京モーターショーで注目のBYDのサスペンション技術「DiSus-Z」とは」】の続きを読む

このページのトップヘ