気になる投資まとめちゃんねる

株やトレンドニュースに関するまとめサイトです。

エンタメ


乃木坂46、オーディション春夏開催の背景に“危機感”あり 6期生に求められる誰もが認める逸材
記事:リアルサウンド

ココがポイント
6期生オーディションの特徴は?

これまで応募者の多くが学生だったということもあり、学業の都合に合わせて参加できるようにグループ史上初の春と夏の2回行われる。どちらにも応募することが可能だという。
出典:日テレNEWS

この記事のコメント
6期生オーディションが始まったと聞いて、乃木坂46の危機感が伝わってきます。
6期生に求められるのは、誰もが認める逸材ということなので、今回のオーディションで本当に素晴らしいメンバーが見つかることを期待しています。

乃木坂46の6期生オーディションが始まった理由には危機感があるとのことですが、これはグループの新たなステージを目指すための取り組みなのだと思います。
6期生には誰もが認める逸材としての才能が求められるので、どんな才能が発掘されるのか楽しみです。

乃木坂46の6期生オーディションが始まったということは、グループ内での危機感があったからこそだと思います。
誰もが認める逸材としてのメンバーを求めるということは、グループの更なる成長や競争力を高めるために必要な取り組みなのでしょう。
新しいメンバーの加入によって、乃木坂46の未来がどう変わっていくのか楽しみです。

【乃木坂46、新メンバー募集で危機感漂う? 6期生には誰もが認める逸材になる能力が求められる】の続きを読む


TBS番組に「方言札の再来」「差別行為」 沖縄出身・二階堂ふみ「方言禁止」企画が物議..
.広報「歴史的背景を十分検討できておらず」
記事:J-CASTニュース

明治時代に本土の標準語の使用を推進する政府が沖縄方言の使用を禁じた
出典:中日スポーツ

この記事のコメント
「方言禁止」企画があること自体が問題だと思う。
方言は地域の文化やアイデンティティの一部であり、それを否定してしまうのは差別的な行為だと感じる。
番組制作側は歴史的背景をよく考慮して企画を立てるべきだったと思う。

沖縄出身の二階堂ふみさんが方言禁止の企画に参加したことについても問題視されているようだ。
彼女が自身の出身地の文化や言語を否定するような行動をするのは違和感を覚える。
有名人が方言を否定すると、一般の人々にもマネされかねないので、そういった企画は慎重に考えるべきだと思う。

広報が「歴史的背景を十分検討できていない」とコメントしているが、それは番組制作側の責任でもある。
地方の方言に対して差別的な態度を取る企画を立てる前に、きちんと調査し、関係者や地元の人々の意見を聞くべきだった。
感情的な事態を招いてしまったことを反省してほしい。

【「方言禁止」企画が差別行為として物議を醸すTBS番組に批判が殺到する事態に!】の続きを読む


1983年に芸能界デビュー。破天荒なキャラクターで注目を集めた。1991年、芸能活動を休止し、渡米。結婚し、1男2女を出産している。
出典:オリコン
記事:スポーツ報知

この記事のコメント
野沢直子さんの再婚について、応援しています。
離婚調停中であると聞いて、心配していましたが、再び幸せな結婚ができることを願っています。

借金生活や配達バイトをしているとの報道に驚きましたが、野沢直子さんの頑張りに感銘を受けます。
そんな困難な中でも再婚を望む気持ちが強いことに、彼女の前向きな姿勢に敬意を表します。

還暦を迎え、離婚調停中という状況で再婚を考えるなんて、野沢直子さんの勇気に感動しました。
彼女の人生経験や音楽活動の中で培われた強さが、きっと幸せな結果につながると信じています。応援しています!

【バンド仲間との再婚計画を明かす野沢直子、「離婚成立次第、幸せな未来を迎えたい」】の続きを読む

このページのトップヘ