自分自身が子育てを経験している身としては、育児時短就業給付の創設は非常に有益な政策だと思います。
特に2歳未満の子供を持つ親は、まだ手がかかる年齢なので、働くことと子育てを両立するのは難しいです。
賃金の1割の助成があれば、仕事を減らすこともでき、子供の成長に専念できるので、是非実現してほしいです。
育児に専念するための支援策として、育児時短就業給付の創設が検討されているとのことですが、これはとても素晴らしい取り組みだと思います。
子供が小さなうちは、一日中世話に追われてしまい、仕事との両立が難しいものです。
賃金の1割が助成されることで、少しでも負担を軽減できるのはありがたいですし、多くの親がこの制度を利用することで、子供の成長を見守ることができると思います。
政府の少子化対策にも繋がるので、早急に導入してほしいです。




<関連する記事>



育児で時短勤務、賃金の1割助成 2歳未満対象で厚労省検討
 育児時短就業給付の創設は、政府が進める少子化対策の一環で、6月に閣議決定された「こども未来戦略方針」に盛り込まれていた。【奥山はるな】…
(出典:毎日新聞)

<関連する画像>



<ツイッターの反応>