気になる投資まとめちゃんねる

株やトレンドニュースに関するまとめサイトです。


 3G回線を使用している携帯電話、いわゆるガラケーの命も残り少ないものとなってきました。それでもなお、いまだに使用しているシーンを時折見かけます。皆それぞれの理由があるのでしょう。今回話を聞いたのは、ガラケーに初めて触れた新入社員のエピソードです。

◆名前だけは知っていたガラケー

 内山健太さん(仮名・24歳)は昨年、法学部を卒業し、都内の司法書士法人に就職しました。入社してしばらくの間は、先輩に帯同して顧客を訪問することが主な仕事でした。

先日、先輩から『一応これ持っておいて』と、ガラケーを手渡されました。もちろん法人名義のものです。ネットや動画ではその存在を知っていたのですが、実際に手に持つのは初めてでした。私が入った司法書士法人では、いまだにガラケーが社用端末のようです」

 ガラケーを使い続ける理由にはいろいろあるそうですが、この司法書士法人の代表が、以前コンサルタントから「OS依存ではない3G回線の方が情報漏えい防止にも効果的」というアドバイスを受け、それがきっかけで長年、社用携帯として君臨しているそうです。

◆訪問先で起きた緊急事態

 その日も先輩に同行して顧客先を訪問していた内山さんですが、2か所目へ移動する際に登記関係の別案件で緊急事態が発生しました。本来ならば、専任担当者が対応するのですが、夕方までに書類を作成する必要があったため、上長の判断で先輩が急きょ向かうことになりました。

「先輩は、かなり焦っている様子で、2カ所目の訪問を私に託し、別れ際に『2か所目の業務が完了したら、この前渡した携帯電話で事務所までメールを送って』とだけ言って、慌てて緊急案件先まで社用車で向かいました」

 2カ所目の訪問先では、先輩から預かった書類を渡すだけだったので、問題なく業務を完了することができました。

ガラケーでメールが打てない

 内山さんは、先輩の言う通りに業務完了のメールを送るため、カバンに忍ばせておいたガラケーを取り出しました。しかし――。

「携帯の使い方が全く分かりませんでした。かなり年季の入った端末だったので、ボタンの文字もところどころ見えにくくなっていて……。ようやく手当たり次第にボタンを押していると電源が入ったんです。起動にこれだけ苦労したので、メールの打ち込みなんて気が遠くなるような気がしました

 訪問先の近所にある公園のベンチでガラケーと格闘。1時間経過しても無理だったので、自分のスマホで連絡しようとしたのですが、なんとバッテリー切れ。

「先輩には『携帯電話で連絡して』と言われていたので、起動しないスマホは諦めて、再び公園のベンチでガラケーを触り始めたんです

◆終電時刻も迫る大騒動に発展

 依然としてメールを送ることができない内山さん。生真面目な性格からか、とにかく指示通りガラケーから完了報告を送ることだけで頭はいっぱいだったそうです。一方、緊急案件を片付けて帰社した先輩は、まだ完了メールが届いていないことに驚き、スマホに連絡を入れますが全くつながりません

「公園に何時間いたでしょうか。心のどこかで『ここから歩いて帰ったら何時間かかるかな』なんて思いながらガラケーを眺めていたら、公園の前に1台の車が停車し、中から先輩が出てきました。先輩は『おまえ何やってるんだ。ガラケーの使い方が分からなかったらスマホでも公衆電話でもいいから、まずは一報入れろよ』と怒り口調。注意されたのですが、それよりも、僕が延々とガラケーと格闘していたことに驚きを隠せないようでした

 先輩は、ひとまず事務所に無事確保の連絡を入れ、少しあきれた様子で内山さんを乗せて事務所に向かいました。今回のことを受けて、先輩の提案もあり、社用の携帯電話は全てスマートフォンに置き換えることになったそうです。

<TEXT/ベルクちゃん>

ベルクちゃん】
愛犬ベルクちゃんと暮らすアラサー派遣社員兼業ライターです。趣味は絵を描くことと、愛犬と行く温泉旅行。将来の夢はペットホテル経営

―[とんでも新入社員録]―


※画像はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 nhentai.gg)


コメント
まさか今どきガラケーを使う人がいるなんて驚きですね!でも、新入社員なら仕方ないかもしれませんね。

ガラケーって操作も携帯回線も慣れてないと難しいですよね。でも、失敗から学んで次回の訪問先ではしっかり準備してくださいね。

スマホ世代の新入社員はガラケーに苦労するかもしれませんが、何事も経験と学習です!次はきっと上手くやれるはずです。頑張ってください!

<このニュースへのネットの反応>

【「ガラケー新人が大失態!訪問先での“やらかし”報告」】の続きを読む


画像はイメージ

みなさんゲームやってますか! 自分は先日も意を決してPS4起動したら、本体のアップデートにゲームソフトのアプリケーション更新だかが始まって、結局終わったのが2時間後とかで、バカらしくなって電源落としちゃった。こういうことをもうずっと繰り返している。

おじさんは、こういうことであっという間に気力がそがれてしまうのだ。でもゲームの話をするぞ! 

突然だけどみなさんは、今まで何体ぐらいのラスボスを撃破しただろうか。ちょっと思い返していただきたい。竜王とか、デスタムーアとか、ネオエクスデスとか、きっと色々倒してきたよって読者さんも多いことだろう。

こうして自分が撃破したラスボスを振り返ったとき、そのほとんどが男性だと気付くのではないだろうか。そして女性のラスボスもいるにはいるものの、若い女性となると、その絶対数はグググッと減ってなかなか思い当たらないのではないだろうか。(文:松本ミゾレ)

魔女もダメ、女神もダメとなると……

先日、5ちゃんねる「【悲報】若い女がラスボスのゲームが存在しない」というスレッドが立っていた。存在しないと言い切っているこのタイトル。

スレ主は「魔女とかはなしな」と書き込んでいる。つまり見た目は若い女性に見えても実年齢が高い場合は、若い女性の範疇からは外れるということが言いたいようだ。そうなるとまたかなり候補は減る形になってしまう。

僕も自分がかつて倒してきたラスボスのことを思い返してみたが、若い女性の姿をしたラスボスを倒した記憶はあれど、実際に若い女性がラスボスを務めたゲームで遊んだ記憶はなかった。

スレッドにもこの困難なお題に頭を抱える者がいる。ちょっと書き込みを引用させていただきたい。

「とりあえず女神とかそういうのは全部アウトでいいんか」
「若い男がラスボスもあんまなくね、みんな何歳かよくわからん怨念の塊みたいなのばっかで」
「人間限定となると意外と少ないかもな」

こんな感じで、人間縛りもあったことから、たとえば『FF3』のくらやみのくもなど、生まれたばかりの存在で女性の容姿をしていても除外対象となる。純粋な若い女性ラスボスとはみなされないケースがチラホラと。

やっぱり若い女性のラスボスって少ないよね。隠しボスとかにしても、見た目は若い女性だけど人間じゃない奴とかばっかりだし。

というか、若い女性がボス敵で登場するというタイトルも、あんまり僕は遊んだ記憶がない。『FFT』のミルウーダみたいなステージの討伐対象とかは何体か思い当たるけど、あんまりこう、若くて可愛いキャラが出るゲームが好きじゃなかったのがアレなのかな。

「一緒に帰って友達に噂とかされると恥ずかしいし…」

しかし物事には例外はつきもので、恐らくここまでこの記事を読んでいる人の中にも「いるだろ、〇〇とか」と突っ込んでるのがいるだろう。僕だってここまで文字にしてないが『アーマードコアラストレイヴン』のジナイーダなどが頭に浮かんでいる。

ただ、もう少しお付き合いいただきたい。あとちょっとで終わるから。このスレッドはやがて、面白い着眼点から若い女性のラスボスがわんさか存在していたジャンルに到達するのだ。その一連の流れを引用させていただく。

藤崎詩織か」
「一緒に帰って友達に噂とかされると恥ずかしいし…」
「恋愛ゲームは攻略全部ラスボスは少女」
ときメモ2なんて若い女しかボスいないだろ」

もうお分かりですね。そうなんですね、僕はうっかりしていたんだけど、恋愛シミュレーションゲームなんてほとんどの作品が若い女性が攻略対象。すなわちラスボスだった。うっかりしてた。スレッドを読み込むまでこんなことにも気づかないぐらいゲーム力(ちから)が低下していたとは、我ながら恥ずかしい。

しかし恋愛シミュレーションゲーム以外では、やっぱり若い女性がラスボスとして君臨する事例は稀だ。これについては、本スレッド終盤に納得の意見が書き込まれていた。

「若い女はラスボスなんかしてる暇ないし」

……おっしゃる通りです。

 

若い女性がラスボスのゲーム、存在しない説  まさかの例外「藤崎詩織」がいた……


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 neoapo.com)


コメント
「藤崎詩織さんの存在は、まさに奇跡だと言わざるを得ませんね。若い女性というイメージを覆された感じがします。彼女の強さに、本当に驚かされました。」

「このブログを読んで、興味深い話題だなと思いました。やはり、常に声を大にして言われることが全てではないですね。藤崎詩織さんのような例外も存在するのだと気づかされました。」

「藤崎詩織さんの存在は、まさに新しい発見ですね。これからのゲーム業界では、さらに多様なキャラクターが登場する可能性があるのかもしれません。楽しみですね!」

<このニュースへのネットの反応>

【「ラスボスのゲームで存在しない説」に挑む若い女性「藤崎詩織」とは?】の続きを読む


【元記事を音楽ナタリーで読む】

SixTONES日本テレビ系で今夏に放送される「第44回全国高等学校クイズ選手権 高校生クイズ2024」のパーソナリティに就任した。

【写真はこちら】SixTONESともに「高校生クイズ2024」を盛り上げるのは

高校生クイズ」は1983年に初放送された、高校生のクイズ日本一を決定する番組。今年は全国を6ブロックに分けて7月13日に開催予定の“全国一斉スマホ予選”と、日本全国を大移動しながらクイズで対決する全国大会の様子がオンエアされる。この全国大会には合計40チームが進出することができ、決勝大会は8月中旬より行われる。

パーソナリティに選ばれたSixTONESジェシーは「僕らは、2012年のドラマ『私立バカレア高校』で共演後に結成したグループなので、高校生と言えばSixTONESですよ(笑) 年を重ねた今でも高校生の時のように楽屋で過ごしたり、ライブのMCでもメンバー同士わちゃわちゃしています。そういったSixTONESらしさを見せられたらなと思いますし、高校生の皆さんやパーソナリティーの方々と今年の夏を盛り上げて行きたいと思っています」とコメント。京本大我は「僕たちは、ライブだったり熱い事が大好きなので学生時代もみんなで番組の色々な企画を通して、結構熱い青春的なことをやってきたので、その気持ちを蘇らせながら高校生の皆さんと一緒にやっていけたらいいなと思っています」と意気込みを語っている。

SixTONESとともにパーソナリティを務めるのは、日本テレビ系「超無敵クラス」でMCを務めるかまいたち指原莉乃。さらに「超無敵クラス」に出演する生徒たちも登場し、“応援マネージャー”として全国に足を運ぶ。メインアナウンサーは石川みなみが担当する。

SixTONES コメント

パーソナリティ就任について

ジェシー

僕らは、2012年のドラマ「私立バカレア高校」で共演後に結成したグループなので、高校生と言えばSixTONESですよ(笑)年を重ねた今でも高校生の時のように楽屋で過ごしたり、ライブのMCでもメンバー同士わちゃわちゃしています。そういったSixTONESらしさを見せられたらなと思いますし、高校生の皆さんやパーソナリティーの方々と今年の夏を盛り上げて行きたいと思っています。

京本大我

これまでも番組などで高校生の皆さんと関わらせていただいたこともありますが、今回「高校生クイズ」という大きなイベントで高校生と関わることはとても楽しみです。僕たちは、ライブだったり熱い事が大好きなので学生時代もみんなで番組の色々な企画を通して、結構熱い青春的なことをやってきたので、その気持ちを蘇らせながら高校生の皆さんと一緒にやっていけたらいいなと思っています。

松村北斗

高校生時代を今振り返ると良いことも悪いことも、ちょっと照れくさいようなことも、全部良い思い出だったのかなって思っています。そのようにだんだん感じる年になってきた分、その一大イベントになる「高校生クイズ」に携われるのが嬉しいですし、青春の一瞬をできるだけ見ていきたいなと思っています。

高地優吾

高校生の青春の1ページとなるところに自分たちも関われる事がすごく嬉しいです。シンプルにクイズ番組が好きなので、高校生と一緒に参加している気持ちで熱く盛り上げたいです。学生時代の一大イベントの1つとして何か思い出に残るお祭りにしていけたらいいなと思います。

森本慎太郎

高校生の皆さんの頑張りを間近で見られるのが嬉しいです。高校生の皆さんに楽しんでもらい一生の思い出に残る「高校生クイズ」になるようパーソナリティーとしてできることを頑張ろうと思っています。

田中樹

タイトルにもあるように「高校生クイズ」なので、僕たちはあくまでパーソナリティーであって主役となる高校生の皆さんがどれだけ楽しめるか、出し切れるか、また見ている人たちが、ちょっと羨ましくなったりと一緒に盛り上がれるような、そんなイベントになったらいいなと思います。

参加しようと考えている高校生へメッセージ

ジェシー

一番は、楽しむことですね! かまいたちさん、指原さん、SixTONESがいますので気楽にエントリーしていただければと思っていますし、今の自分たちのパワーを出し切ってほしいです。みんなで盛り上げていけたらいいなと思っています。

京本

僕自身、学生時代は、結構シャイでいろいろ挑戦できなかったこともあったので、勇気を出してエントリーしてくださる皆さんは、かっこいいと思います。その踏み出した気持ちを大事にしながら、挑戦する中で色々大変なこともあると思いますけど、何よりも楽しんでいい思い出を作ってもらいたいです。

松村

学生時代は、照れくさくて参加するのもおっくうになりがちですけど、後悔しないように参加して欲しいなと思います。この機会を逃さず一歩踏み出して一人でも多く参加してくれたら嬉しいですし、いい思い出を作ってほしいとも思っています。

高地

参加して良かったと思えるようなイベントだと思いますし、楽しんでもらえるように僕たちが一緒に盛り上げますので、たとえ決勝まで行けなかったとしても、その頑張りは無駄にはならないと思います。自分たちの頑張りを信じて参加してもらえたらいいかなと思います。

森本

参加してくれたら絶対に参加してよかったと思ってもらえる「高校生クイズ」になると思います。少しでも興味があったら友達を誘って参加してもらえれば後悔のない人生の青春の新しい1ページとして刻まれると思うので、ぜひご参加いただけたらなと思っています。

田中

大きなイベントなので緊張しちゃうとか恥ずかしいみたいな気持ちが勝っちゃうと思うけど、友達と「楽しそうだから出てみようよ!」みたいな感じでいいと思っています。友達と一緒に大事な思い出を残せる良い機会だと思って参加してもらえたらと思っています。

※高地優吾の高は、はしごだかが正式表記。

かまいたち コメント

パーソナリティー就任について

山内健司

この数年は、リモートで行ったり、大掛かりな「高校生クイズ」ができていなかったと思うんですけど、今年はスタジオを飛び出して日本全国を飛び回るクイズ大会になりますし、パーソナリティーの人数もめちゃくちゃ増えて、とにかく大規模になるので、絶対に盛り上がると思います!

濱家隆一

歴史がある番組「高校生クイズ」のパーソナリティーをできることはすごくありがたいなと思っています。これまでコンビでパーソナリティーをやらせてもらったことはあるんですけど、番組単位(「超無敵クラス」)で関わっていく事はなかったので、さっしー(指原)やハチャメチャな生徒たちと一緒にできることもそうですが、何といっても今をときめくSixTONESとパーソナリティーをできるのがとても嬉しいです。高校生のみんなと“青春”って感じで、全員で1つの目標に向かって行きたいと思っています。

参加しようと考えている高校生へメッセージ

山内

優勝を目指して本気で参加して欲しいんですけど、3人集まれば高校生みんな参加できるので、奇跡の正解とかも全然あると思うので、思い出作りとしても沢山の高校生に参加してほしいです。

濱家

僕は、学生時代こういうイベント事には「いや、俺はええわ」とか言って参加してこなかったんですけど、大人になると、あの時、参加しておけばよかったな…と思うことがめっちゃあります。照れくさい部分はあるかもしれないですけど、ちょっとやってみようぜ!で友達を誘って出てみるのもすごくいいと思うので、どんどんエントリーしてほしいと思っています。

指原莉乃 コメント

パーソナリティー就任について

高校生の大切な夏のイベント「高校生クイズ」に、私にとってすごく大切な番組でもある「超無敵クラス」で関われるという事が嬉しいです。今年の夏は、高校生の皆さん、パーソナリティーの方々、そして「超無敵クラス」も一緒になって、盛り上げられたらと思っています。

参加しようと考えている高校生へメッセージ

私自身、年齢を重ねるにつれて、あの時これしとけばよかったって後悔することがたくさんあります。高校生の時にしか参加することができない「高校生クイズ」、思い出作りにぜひ参加してほしいなと思います。10年・20年後、当時のことを思い出して笑えて泣けるいい思い出になると思います。

石川みなみ(日本テレビアナウンサー) コメント 

歴史ある「高校生クイズ」に参加できること、まだ夢のようです。高校生の今しか経験できない、ひと夏の青春を、私に応援させてください。全国の高校生の皆さん、一緒に、一生忘れられない思い出を作りましょう! 夢溢れる皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

宮崎慶洋(日本テレビプロデューサー) コメント

今年のパーソナリティーは、楽しそうで、自由で、実は…心熱い人にお願いしたいと思って、3組にご相談させて頂きました。高校生たちの若いパワーに、SixTONESさんの圧倒的な爆発力、意外と涙もろいかまいたちさん&指原さんが加わると、一体どんな高校生クイズになるのか…? 今から非常に楽しみです。

SixTONES (c)日本テレビ


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 www.zeltlager-darmstadt.de)


コメント
「高校生クイズのパーソナリティにSixTONESが就任するなんて、これからの番組がますます楽しみですね!彼らの明るいキャラクターが高校生たちにパワーを与えてくれそうです!」

「SixTONESのメンバーが高校生としての自分を振り返りながら、今の高校生たちにメッセージを送ってくれる姿が想像できますね。彼らの成長物語に胸が熱くなります!」

「高校生と言えばSixTONES!彼らの高校生時代の思い出やエピソードを聞けるなんて、ファンとしてはたまらないですね!これからの番組が楽しみで仕方ありません!」

<このニュースへのネットの反応>

【SixTONESが「高校生クイズ」パーソナリティに!メンバーの高校時代のエピソードを公開!】の続きを読む

このページのトップヘ